So-net無料ブログ作成
検索選択

一人ぼっちの歩き方 [銀通商店街]


icon_tougei.jpeg
町のコミセン・手わざ・土わざ


久々「兎書房」さんに行ってきました。
奥様と旦那さまの二人で営むこの小さな書店に、私は月に二度ほど行き手頃の本を買って読んでいます。

000b.jpeg

これといって読む本が見当たらないとき、お二人のお勧めの本を買って帰ることがあります。
自分の好みだけで選んでいると傾向が偏ってしまい途中で投げ出すこともあるけれど、お二人のお勧めの本では今までそれが無かった。
私の好みをほどほどご承知で、その上ほど良い距離があるから、いつも新しい興味が持てて新鮮なのかも知れない。

その日は友人にプレゼントする本を選びに行きました。

01b.jpeg

「お友だちに贈る本ねえ・・その方の好みが分かれば、お勧めの本もあると思うけれど・・」

本の好みは分からない。
「こんな人・・」と、その場で思いつくことをお話することにした。
エピソードが山ほどある友人なので、いつしか本選びは脇に、奥様と女子トーク。立ち話のままお茶までご馳走になってしまった。
恐縮でした。

*

そして、今日兎書房さんからメールが届きました。
お勧めの本が数冊、書名と著者、そして短いコメントが添えてある。


02b.jpg
「ぼっち」の歩き方  朝井 麻由美
 ひとり好きの、ひとり好きによる、ひとり好きのための「ぼっち」指南書!

03b.jpeg
「いちばんここに似合う人」ミランダ・ジュライ
人は他人をわかり得ない、とふと感じた時に読みたいと思う。

003b.jpg
「ロビンソン・クルーソ漂流記」ダニエル・デフォー
一人暮らしの古典

04b.jpeg
「ころし文句 わかれ言葉 」 中村喜春
他人と繋がるのも離れるのも言葉ひとつ。

05b.jpeg
「おひとりさまの老後」 上野千鶴子
"おかあさん、火の始末とかも心配だから、こちらに来ていっしょに住んだら?"
は“悪魔のささやき”?

*

人が好き、でも一人っ子で "ぼっち遊び" に長けている、さつきちゃん。
牛丼屋さんにフツーに一人で行けて、店員さんのサービスで並盛が大盛に、時としてビールまで頂いて帰って来るBeeちゃん。
この二人のような"ソロ活"の達人さんには必要のないお勧め本でしょうが、
これから、私が本を贈呈するその方は、
「振られたから寂しい。よって私にかまえ!」と恐ろしく勝手な理由でメールを送って来る友人、
ひとり遊びは苦手な超初心者なので、ソロ活を楽しく学んで頂いて、少しでも達人の域に近づいて欲しい。

でも、どの本にしましょうかねえ・・。
私が読んでみたい本もあるし・・。

今、電車の中で、皆が黙々とスマホに向き合う光景が普通になった世の中。
誰が読んでも興味が持てる "ぼっち本" かも知れない。

ネットの書評もチェックする方法もあるけれど、
結局、私好みの二冊を選び、ひと通り私も読ませて頂き、一冊を選ぶことにしました・・。

by Kaede


関連記事
図書館が面白い
 


nice!(20)  コメント(9) 
共通テーマ:

nice! 20

コメント 9

青山実花

蛭子能収さんの「ひとりぼっちを笑うな」という
本もありますね。
未読ですが、蛭子さん好きなので、
読んでみたい1冊です。

私も大抵の事は一人で出来ますが、
一人牛丼は未体験です。
いつか挑戦してみたいです。
by 青山実花 (2016-10-26 00:02) 

coco030705

こんにちは。
すごく素敵な本屋さんですね。私は大阪に住んでいるので、だいたい大型書店で買いますが、こんな本屋さんを見つけたいな。
↑の本で、Kaedeさんが選ばれた本でよかったのを教えてくださいませ。


by coco030705 (2016-10-26 11:00) 

空の下

蛭子さん、本番中に居眠りしてても許されちゃう。人柄でしょうか。
一人牛丼は私も未体験。それほどハードルは高くないみたいですよ。

私は上野さんのファンなので、「おひとりさまの老後」
「ぼっち」の歩き方は、著者が、一人BBQ・一人スイカ割りに挑戦してみたり、
読み物として面白く初心者向きなのでこちらを贈りました。


by 空の下 (2016-10-26 19:07) 

さきしなのてるりん

おひさ、、、こちら訪問が滞ってて
何時から復活?したんだろうと遡ることなくコメントするのでごめん。お元気でしたか?って言いっぱなしで、またね。
by さきしなのてるりん (2016-10-26 20:18) 

ガン

ボッチ遊び・・・。
基本的にはバイク乗りは”ボッチ遊び”が得意な人種かも知れません。
でも、ボッチが集まって仲間ができることも多いんですよね。
それにしても、お会いしたとはないんですが、さつきさん、特にBeeさんのエピソードは何となく、ブログを通じても伝わってきて納得です。
介護職に従事する身としては”おひとりさまの老後”ってのが気になるんで、読んでみようかと・・・。
また、”お勧めの書籍”があったら、ぜひご紹介下さいね!
by ガン (2016-10-27 18:59) 

空の下

ホームを挟んで動き始める電車の車窓に、懐かしい友人の顔を見つけて、あちらも私に気付いてくれて、手をいっぱいに振りながら、ゆる~くスレ違う♪
更新滞っていた私たちが「ごめんなさい」

Beeちゃんが、ガンさまのコメントを目にして、
「お会いしたことはないけど、気安くBeeちゃんと呼んで下さい。バイクの大先輩だし・・」
実は、ビーサンと聞いて彼女が連想するのは「ビーチサンダル」♪
by 空の下 (2016-10-28 00:44) 

hide-life

女性だと牛丼屋入るのも気が引けるんでしょうね。
僕は牛丼は勿論、1人飲みもしょっちゅうですが平日夜とかに喫茶店なんかはとても入れません・・汗
以前チャレンジしたことがあるのですが皆読書してました。
僕も読書好きですが『そんなもん家で読め!』と心の中でツッコミ入れて5分で店をでました・・。
by hide-life (2016-10-30 18:44) 

空の下

GSとドトールコーヒーがユニットになったお店があって、お客さんはほとんどの方がお一人。本を読んだり、参考書を開いていたり、会話をしている方は見当たらない。"ぼっちの達人"さんが寄り合う不思議な空間でした。
by 空の下 (2016-10-31 02:07) 

ぼんぼちぼちぼち

あっしのよく行く街にも そういった不思議空間ありやす。
書き物をしたり読書したりするためのカフェで、おしゃべり禁止のルールがありやす。
なのでお客さんは全員一人で来てやす。

ちなみにあっしも、一人で遊ぶの好きでやす。
今は安い中華屋さんで呑むのがマイブームだったりしやす。
そうやって行きつけにした店に、後日 友人を得意げに連れて行ったりしやす(◎o◎)b

by ぼんぼちぼちぼち (2016-11-04 20:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。